ダイエットカウンセリングするならまず食材・器具・道具を捨てて下さい

ダイエットカウンセリングするならまず食材・器具・道具を捨てて下さい皆さんこんにちは。ダイエット心理カウンセラー育成協会理事長のトクタケです。
今回はダイエット心理カウンセラーになるなら、まず食材・器具・道具を捨てて下さいということについてです。

習慣化するのに最も大切なこととは?

ダイエットカウンセラーとしてお客様と対話をして、痩せて頂く際に、どういうゴールを目指すかというと、痩せる習慣を身に付けてもらうという事が最大のゴールです。

これは何もその場で施術するとか、器具を使って筋トレをするといったものではありません。お客様自身がカウンセリングをしていない時に、如何に痩せ習慣を身につけてもらうかがゴールになるため、習慣を身につけるという事が最大のポイントになります。

人が習慣化する時、最もよくない事が、それをやる時に面倒くささを感じるという事です。

ですから、今回のテーマで、ダイエットカウンセリングをする時、「まず食材・器具・道具を捨てて下さい」というのは、面倒くささを感じないためです。

リバウンドしてしまう3つの原因の3個目にも当てはまる答えにもなりますが、余計な道具や施設が必要という状態でやろうとすると、面倒くさくて、リバウンドしてしまいます。

お客様からよく言われることにこんなことがあります。「整体院とか、何とかプログラムをやったけれど、あそこに行って、施術しないとこのプログラムは有効じゃないです。だから終わったら瞬間に、行かなくなってしまい、リバウンドしてしまいます」「このサプリを飲むという契約でやりましたが、高くてもう買えないので、もう手に入りません」・・・こうなってしまうと続かなくなります。

こんなダイエット器具、手法よく見かけませんか?

最近流行りのスーパーフードを使った特別な食材で痩せようとすると、そのスーパーフードが流行らなくなった瞬間にやめてしまいます。もしくはバナナダイエットとかスムージーダイエットなどでは、そのスムージーを作るためにも道具が必要だったり、特定の野菜を使う必要が出てきて、もし、「今日はその野菜がないとな」となると、「ダイエットが出来ない、面倒くさい」という流れになってしまいます。

ただ、何もそういう器具とか道具を使わない方がよいというわけではなく、お客様がすぐに使える状態になっていたり、それが好きだという場合は逆に活用します。ダイエットカウンセリングでは、お客様の状態をとことん使い込むというのがコツです。

ダイエットというと、よくカウンセリングの新米の方が思い浮ぶのが、筋トレマシーン、エステマシーン、マッサージジェル、サプリ、スムージーを作る為のミキサー、特別な調理法によるダイエットメニュー・ダイエット食・・・などです。そして、こういう手法に頼ってしまいがちです。

私自身、ダイエット業界で15年くらい携わっていますが、通販器具やサプリ、健康食品といったツール頼りでやっていくというのは、ストイックな人でない限り、続かないです。もちろん、全面否定しているわけではなく、ストイックな人とか自分で自分を管理出来る人は上手く使いこなしています。ただ、そういう人の場合、自分で成功できるから、わざわざ他の人の手を借りて、ダイエットをしようとはなりません。

自分で出来ないから、皆さん困っているという現状があります。

面相くさい状態を徹底的に省く理由

面倒くさいと感じない状態を作ることが、なぜ大切かということを、たとえ話しを使って説明します。

インスタが流行った理由

今、インスタがすごく流行っていて、やっている方も非常に多いと思います。インスタが流行った理由を考えるにあたり、もしインスタが一眼レフみたいなもので、そもそもインスタで撮るカメラが有料とか、スマホには付いていないとか、難しい専用ソフトが必要とか、取り込みも面倒となったら、結果的にやり辛いです。

インスタというのは、無料で簡単で、すぐにアップが出来て・・・だからこそ皆さん続けられます。そして、すごく流行っています。

こんな風に、何か人が習慣化する時は、すぐ出来る、何の障壁もなく、ハードルを物凄く下げる必要があります。これが不可欠の考え方です。

インスタ映えする写真には、高価なカメラが必要で、写真加工ソフトが必要で、スキルも必要・特別なソフトも必要・アップの度にお金が取られるようだったら、ハードル高すぎて流行しません。もちろん、こういう事が大好きな人もいます。マニアックな事が大好きな人。ただ、やはり少数派です。

ダイエットで困っている人達というのは、少数派ではなくて、大多数です。このインスタが流行った様に、簡単だったらやれるけれど、難しくなるとやり辛くなるという事です。

シンプルイズベストです

なので、余計な道具・施設が必要だと長く続けられません。いつでもシンプルな方法でやる。出来るだけシンプルなツール、そしてツール自体を使わないというのが大前提です。

ダイエットカウンセリングは習慣をつけるサービス

ダイエットカウンセリングは、お客様のお話を聞いて、1週間、食べた物・体重・カロリーなどを記録をしていって、フィードバックをしっかりするという、それだけです。お客様に特別なツールが必要とか器具が必要とか、何か買わなくてはいけないとか、そのようなことは一切ありません。

ダイエットカウンセリングは、しっかりと痩せ習慣が身に付きますというサービスです。

最後にもう一度、多くのダイエットサービスが間違ってしまっている3つのポイントをおさらいします。まず、禁止命令になっていること、つまり、「〜して下さい」「〜してはいけません」「スイーツ禁止です」のような言い方をしてはいけません。

次に、同じやり方をするにしても、ライバルがいた方がいい人といない方がいい人、だから同じ伝え方をすると全然モチベーションが上がりません。伝え方は、お客様に合わせます。

そして最後に、シンプルでないと痩せ癖というのはつきません。

この3つに適っているやり方で、カウンセリングをやる必要があります。今回は余計な道具・施設が不要という解説をしました。参考になれば、幸いです。

シンプルダイエット

まとめ

ダイエットにおいて、食材・器具・道具が必要になってしまうと、それらが手に入らない時に、面倒に感じる。
人は面倒になると、ダイエットが続かず、リバウンドしてしまう。
成功するダイエットはシンプルダイエット。

余計な食材・器具・道具を捨てて、『習慣を身につけること』に、フォーカスしましょう!

今回の「ダイエットカウンセリングするならまず食材・器具・道具を捨てて下さい」は動画でも解説しています。